ラーニングフルエイジング プロジェクト - 高齢化社会に向けた学びの可能性

News
news-image

【参加者募集】3/16(水)開催 第14回ラーニングフルエイジング研究会「多世代で共に創る学習プログラムのデザイン」

<ラーニングフルエイジング>プロジェクトは、これまで東京で研究会を開催してきました。この度、初めて東京を離れ、京都で研究会を開催します。

第14回にあたる今回は、統括を務めます森玲奈(帝京大学高等教育開発センター講師)が、現在取り組んでいる研究「多世代で共に創る学習プログラムのデザインの検討」を中心に、実践や調査の成果を報告します。
森らは、2013年から<ラーニングフルエイジング>プロジェクトを始めました。その中で、国内外、様々な生涯学習の場を視察してきました。その視察も踏まえ、2015年、JST社会技術開発センターの持続可能な多世代共創社会のデザイン」という領域で、現在、東京都日野市にある百草団地をフィールドとし、大学生〜80代の方までの間でもまれながら、多世代共創型学習プログラム(ワークショップ)の開発に向けて研究しています。テーマは、哲学対話、健康情報、住まい方、芸術文化、と多岐に渡ります。RISTEXのプロジェクト企画調査として採択されて現在に至る中で、沢山の市民、実践者、そして異分野の研究者から刺激を受けました。今回は、このプロジェクトの中で、これまで見てきたこと、考えたことをお話します。年度末のお忙しい時期に恐縮ではございますが、お申し込みをお待ちしております。

 

■登壇者プロフィール
森玲奈(もり・れいな)
帝京大学高等教育開発センター講師/東京大学大学院情報学環客員研究員。
東京大学大学院学際情報学府博士課程満期退学。東京大学大学院情報学環特任助教を経て現職。博士(学際情報学)。学び続ける人とそれを包み込む社会に関心を持ち、ワークショップ・カフェイベント・問題解決型学習(PBL)の研究を中心に、生涯学習に関する研究と実践を続けている。主な著作は『ワークショップデザインにおける熟達と実践者の育成』(単著、ひつじ書房)など。
個人HP:http://harinezuminomori.net/

 

■<ラーニングフルエイジング>プロジェクトとは?
現在、日本の平均寿命は世界一の水準にあります。そして、少子化により、歴史上経験したことのない速さで超高齢社会を迎えました。本プロジェクトでは、エイジング(個人の加齢、社会の高齢化)に関する諸問題を、生涯学習の課題として捉え、研究・実践を行うことを目的としています。人間を死ぬまで学び続ける存在として捉え、揺りかごから墓場まで学び続ける社会について、生涯学習と他領域とのクロスオーバーで研究・実践を進めます。多世代が共生すること、一人でいるより誰かといることが沢山の学びを生み出すエンジンになる。学び溢れる「ラーニングフルな社会」を創るというビジョンに向け、真摯に取り組んでいけたらと考えています。

 

■日時:2016年3月16日(水)19:00-21:00
■場所:鍵屋荘(京都市内)
https://www.facebook.com/kagiyaso/timeline
地下鉄五条駅から徒歩5分
※来訪型シェアスペースのため参加希望者のみ場所詳細をお知らせします。
■定員:20名(先着)
■参加費:無料
■お申込み方法:「お名前・ご所属・連絡先・参加を希望された理由」をお書きいただき、下記メールアドレスまでご連絡ください。
learningful.ageing[at]gmail.com
(※[at]を@に変えてお送りください)
■お申込み締切:2016年3月8日(火)
■お問い合わせ先:ラーニングフルエイジング研究会 運営事務局(河田承子/聖心女子大学大学院)
Mail: (※[at]を@に変えてお送りください)
learningful.ageing[at]gmail.com

■企画責任者:森玲奈/帝京大学高等教育開発センター講師・東京大学大学院情報学環客員研究員■企画協力者:村上正行/京都外国語大学マルチメディア教育研究センター教授

フライヤ(PDF)をダウンロード


本研究会は、JST-RISTEX「持続可能な多世代共創社会のデザイン」研究開発領域平成27年度採択プロジェクト企画調査「多世代で共に創る学習プログラム開発の検討」(研究代表者:森 玲奈 帝京大学 高等教育開発センター講師)の一環として開催します。

news-image

【参加者募集】2/16開催 ラーニングフルエイジング研究会 「学びあふれる社会のために、芸術文化活動ができること」

IMG_2470

<ラーニングフルエイジング>プロジェクトでは、年度末最後の研究会として、音楽を通して人々の生活を豊かにすることを目指し、子どもから高齢者まで様々な教育プログラムを展開している英国のオーケストラ「マンチェスター・カメラータ」からニック・ポンシロさんをお招きし、研究会「学びあふれる社会のために、芸術文化活動ができること」を行うことといたしました。

研究会主催者自身が昨夏マンチェスターに赴き、ワークショップを見てまいりまして、実践のみならず組織運営や評価方法、ファンドレイジングに至るまで、興味深い点が多かったため、日本の多くの方に活動を紹介し議論を深められればと考え、今回の企画に至りました。今回は東京大学教育学研究科の新藤浩伸講師、岡田猛教授にもお越しいただき、お2人にもご研究についてお話いただいた上、フロアの皆様とディスカッションしていければと思っています。同時通訳ございますので、ご関心あるかた、どうぞお越しください。(企画者:森 玲奈)

 

■概要

日時:2016216日(火)18時~2030

場所:東京大学大学院 情報学環・福武ホール 地下2階スタジオ1

http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/

参加費:無料

 

プログラム

開催主旨:「<ラーニングフルエイジング>と芸術活動」

森玲奈(帝京大学高等教育開発センター講師)

話題提供1:「英国のオーケストラによる音楽教育」

ニック・ポンシロ(マンチェスター・カメラータ ラーニング&パーティシペーション部門長)

話題提供2:「大人の学びと文化の発展」

新藤浩伸(東京大学大学院教育学研究科講師)

話題提供3:「表現を楽しむ人生を送るには」

岡田猛 (東京大学大学院教育学研究科教授/大学院情報学環兼担)

質疑応答・総括討論

 

お申し込み(先着順)

こちらのフォームからお申し込みください

http://goo.gl/forms/beRfJ1n6HK

 

マンチェスター・カメラータ

1972年に創立されたマンチェスター・カメラータは、トップクラスの音楽家によるダイナミックなパフォーマンスに加え、音楽によって人間性、社会性を育む先駆的なラーニング&パーティシペーションプログラムで知られる英国有数の室内管弦楽団。音楽を通して次世代の育成やコラボレーション、自閉症児や認知症の人々の生活の質の向上を目的としたプログラムなど、さまざまな方法でコミュニティの結び付きを深める活動を展開している。

http://www.manchestercamerata.co.uk/

 

登壇者プロフィール

ニック・ポンシロ(マンチェスター・カメラータ ラーニング&パーティシペーション部門長)

2008年よりプロジェクト・マネージャー、2010年より現職。コミュニティにおける楽団の活動の総責任者となる。国民保健サービス・ノースウェスト研究開発 部門(NHS Northwest R&D)のメンバーであり、マンチェスターの音楽教育ハブ(Manchester Music Education Hub:通称My Hub)の戦略委員会の一員でもある。

新藤浩伸(しんどう・ひろのぶ)

東京大学大学院教育学研究科講師。表現・文化活動を中心とした生涯学習と、その活動が行われる場所について研究している。主な著作に『公会堂と民衆の近代歴史が演出された舞台空間』(単著、東京大学出版会)、『表現・文化活動の社会教育学生活のなかで感性と知性を育む』(共著、学文社)『触発するミュージアム』(編著、あいり出版、近刊)、『成人教育と文化の発展』(監訳、東洋館出版社、近刊)など。

岡田猛(おかだ・たけし)

東京大学大学院教育学研究科教授/大学院情報学環兼担。認知科学・心理学の観点から芸術の創造性を研究している。芸術家の創作活動のフィールドワークや心理実験,大学やミュージアムので芸術教育支援等に関する研究プロジェクトが進行中。最近の編著に,「触発するミュージアム:文化的公共空間の新たな可能性を求めて」(あいり出版,近日公刊)等。

森玲奈(もり・れいな)

帝京大学高等教育開発センター講師/東京大学大学院情報学環客員研究員。学び続ける人とそれを包み込む社会に関心を持ち、ワークショップ・カフェイベント・PBLの研究を中心に、生涯学習に関する研究と実践を続けている。主な著作に『ワークショップデザインにおける熟達と実践者の育成』(単著、ひつじ書房)、『ワークショップデザイン論創ることで学ぶ(共著、慶應義塾大学出版会)などがある。


<ラーニングフルエイジング>プロジェクトとは

本プロジェクトでは、エイジング(個人の加齢、社会の高齢化)に関する諸問題を、生涯学習の課題として捉え、研究・実践を行うことを目的としています。 人間を死ぬまで学び続ける存在として捉え、揺りかごから墓場まで学び続ける社会について、生涯学習と他領域とのクロスオーバーで研究・実践を進めています。

共催

東京大学大学院 情報学環福武ホール

NPO法人 Educe Technologies

http://www.educetech.org/

ブリティッシュ・カウンシル

https://www.britishcouncil.or.jp

備考

本ワークショップは、JST-RISTEX「持続可能な多世代共創社会のデザイン」研究開発領域 平成27年度採択プロジェクト企画調査「多世代で共に創る学習プログラム開発の検討」(研究代表者:森 玲奈 帝京大学高等教育開発センター 講師)の一環として開催します。

記録のため撮影・録音をさせていただきますことをご了解ください。

news-image

9/24開催 第12回 ラーニングフルエイジング研究会「ナラティヴ・アプローチの可能性」

20150326mogusa103

定員に達しましたので応募を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。(2015年8月31日1時)

 

本研究会はこれまで「死ぬまで学び続け成長する存在」として高齢者を位置づ け、高齢者を取り巻く居住、健康、社会参加などに関わる現状と課題を検討してきました。

近年、心理学、社会学、看護学、福祉学、そして教育学などの多くの領域において「ナラティヴ・アプローチ」とよばれる新しい方法論に注目が集まっています。「ナラティヴ(narrative)」とは、当事者が紡ぐ「物語」や、経験にもとづく「語り」を意味します。このアプローチは、ポストモダン理論にもとづいた社会構成主義的方法論です。そのため、従来的な近代主義的方法論の限界を克服する可能性があると考えられます。今回の研究会では、荒井先生の支援経験を踏まえ、ナラティヴ・アプローチの可能性について具体的に考えていきたいと思います。

みなさまのお申し込みをお待ちしております。


ゲストプロフィール

荒井浩道(駒澤大学・教授)

1973年、群馬県生まれ。早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。博士(人間科学)、社会福祉士。早稲田大学助手、駒澤大学専任講師、准教授等を経て現職。著書に『ナラティヴ・ソーシャルワーク―“〈支援〉しない支援の方法』(単著、新泉社、2014年)、『ピア・サポートの社会学―ALS、認知症介護、依存症、自死遺児、犯罪被害者の物語を聴く』(共著、晃洋書房、2013年)など。日本老年社会科学会奨励賞受賞(2012年)。

 日時:2015924日(木)18:00-20:00
場所:東京大学大学院情報学環・福武ホール
地下2階ラーニングスタジオ1
http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/
定員:20名(先着)
参加費:無料
お申込み方法
http://goo.gl/forms/U5GbNqVPqv
からフォーム記入でお申し込みください
お申込み締切
2015
916日(水)
お問い合わせ先
ラーニングフルエイジング研究会 運営事務局(園部友里恵/東京大学大学院情報学環 特任研究員)
Mail
[at]@に変えてお送りください)
learningful.ageing[at]gmail.com


 ラーニングフルエイジング研究会とは?
この研究会は、ミネルヴァ書房から2015年度刊行予定の書籍『ラーニングフルエイジング:超高齢社会における学びの可能性』との連動企画です。
本書では、死ぬまで学び続け成長する存在として高齢者を位置づけ、高齢者特有の学習課題に焦点を当てます。そして、多様な高齢者像の視点に立ちながら、高齢者の学習にはどのような方法をとりうるか、国内外の豊富な取材事例を盛り込みながら、研究者・実務家との領域横断的な議論で検討することを試みます。この研究プロジェクトは、東京大学大学院 情報学環・福武ホールと医療法人医凰会との共同研究の一環として開催しています。

(企画責任者:森玲奈/帝京大学高等教育開発センター講師・東京大学大学院情報学環客員研究員)

news-image

7/23開催 第11回 ラーニングフルエイジング研究会「地域包括ケアの担い手を考える-人間中心のケアとまちづくりに向けて-」

 

本研究会はこれまで「死ぬまで学び続け成長する存在」として高齢者を位置づけ、高齢者を取り巻く居住、健康、社会参加などに関わる現状と課題を検討してきました。

高齢化が進み、疾患構造が変化するなか、虚弱な高齢者、複数の疾患や障害を抱えながら生きる方々の増加を背景として、地域を基盤とする統合ケアは、我が国のみならず、特に90年代以降の欧米各国におけるヘルスケア・ソーシャルケア改革に共通するチャレンジとなってきました。

今回は、地域包括ケアシステムをめぐる潮流、ケアの担い手にかかわる施策や研究動向、国内外の事例を概観し、患者・専門職という顔・関係性を突き抜けた人間中心のケアとまちづくりに向けた移行について考えていきます。

みなさまのお申し込みをお待ちしております。

■ゲストプロフィール

堀田聰子(国際医療福祉大学大学院・教授)

東京大学社会科学研究所特任准教授、ユトレヒト大学客員教授兼オランダ社会文化計画局研究員、労働政策研究・研修機構研究員を経て2015年4月より現職。博士(国際公共政策)。社会保障国民会議サービス保障分科会、地域包括ケア研究会委員等を経て、社会保障審議会介護給付費分科会及び福祉部会等において委員を務める。

■日時:2015年7月23日(木)18:00-20:00
■場所:東京大学大学院情報学環・福武ホール
地下2階ラーニングスタジオ2
http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/
■定員:20名(先着)
■参加費:無料
■お申込み方法
http://goo.gl/forms/EbEj973TJe
からフォーム記入でお申し込みください
■お申込み締切
2015年7月15日(水)
■お問い合わせ先
ラーニングフルエイジング研究会 運営事務局(園部友里恵/東京大学大学院情報学環 特任研究員)
Mail: (※[at]を@に変えてお送りください)
learningful.ageing[at]gmail.com


■ラーニングフルエイジング研究会とは?

この研究会は、ミネルヴァ書房から2015年度刊行予定の書籍『ラーニングフルエイジング 高齢化社会に向けた学びの可能性』(仮題)との連動企画です。
本書では、死ぬまで学び続け成長する存在として高齢者を位置づけ、高齢者特有の学習課題に焦点を当てます。そして、多様な高齢者像の視点に立ちながら、高齢者の学習にはどのような方法をとりうるか、国内外の豊富な取材事例を盛り込みながら、研究者・実務家との領域横断的な議論で検討することを試みます。この研究プロジェクトは、東京大学大学院 情報学環・福武ホールと医療法人医凰会との共同研究の一環として開催しています。

(企画責任者:森玲奈/帝京大学高等教育開発センター講師・東京大学大学院情報学環客員研究員)

news-image

第10回ラーニングフルエイジング研究会
「教育老年学と高齢者学習」


開催日時:6月18日(木)18~20時
会場:東京大学 福武ホール 地下2階 福武ラーニングスタジオ2
講演者:堀薫夫先生(大阪教育大学教育学部教養学科生涯教育計画論研究室・教授)

堀先生は、生涯学習論・社会教育学の領域において、アメリカの教育老年学研究を日本に紹介し、長年にわたって日本における高齢者教育・学習をご研究されています。

今回は、海外における教育老年学の動向とそこで示された議論をご紹介いただき、高齢者の学習について、a.理念、b.学習能力、c.学習ニーズ、d.学習方法と内容、e.学習指導者、という点から論点や課題を提示していただきます。

皆様のご参加をお待ちしております。

http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/2015/05/15/20.html