ラーニングフルエイジング プロジェクト - 高齢化社会に向けた学びの可能性

News
news-image

【参加者募集】10月14日(金)第10回ブックカフェテラチ「花鳥画と博物学」

151115.テラチ_FBヘッダー

“テラチ”は月に1度だけ開店する見世(みせ)です。

当店では毎月1冊の本を選び

・ゲストによる講義

・参加者同士の談義

の2つのプログラムをご用意しております。

講義と談義は、本の面白さを存分に味わって頂くための企画です。

1冊の書籍から生まれる会話をお楽しみ下さい。

■今月のテーマ

花鳥画と博物学

■種書

江戸の花鳥画 博物学をめぐる文化とその表象』(今橋理子 著 スカイドア 1995

■語り手

鎌田純子先生帝京大学文学部史学科 講師

■企画趣旨

江戸時代、儒学者や医師、本草学者の間で博物学が大流行しました。その動向はやがて公家や大名たちにも広がり庶民階級も巻き込んでいきました。彼らは博物図鑑の制作や珍品・奇品を見せ合う会に余暇を使いました。
こうした博物学ブームは当時の絵画にどのような影響を与えたのでしょうか。
近世絵画史をご専門の鎌田純子先生をお招きし、花鳥画と博物学の相関関係をご解説頂きます。博物学の隆盛と江戸絵画の変遷という2つ歴史を重ねることで見える世界をお楽しみください。

■営業日

10月14日(金)
16:30〜18:00 営業

■お客様

15名

■料金

無料

■場所

帝京大学八王子キャンパス ソラティオスクエア 3階 アカデミックラウンジ

■アクセス

京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」からバス(桜87)で13分
京王線「高幡不動駅」からバス(高23)で10分
京王相模原線「京王多摩センター駅」からバス(多4)で14分
小田急多摩線「小田急多摩センター駅」からバス(多4)で14分
京王バス「帝京大学構内」停留所すぐ

■申し込み方法

件名に「第10回ブックカフェテラチ 参加申し込み」と記入し「お名前、ご住所、ご所属」を

bookcafe.terachi◎gmail.com

にお送りください。
(◎を@に変えてお送りください)


【店長】

山田 淳史(慶應義塾大学大学 院政策・メディア研究科修士課程1年

 

【協力】

本ワークショップは、<ラーニングフルエイジング>プロジェクト(代表:森 玲奈)の一環として開催します。

フライヤ(PDF)をダウンロード

news-image

【参加者募集】6月24日(金)第8回ブックカフェテラチ「コミュニティってなんだろう」

151115.テラチ_FBヘッダー

“テラチ”は月に1度だけ開店する見世(みせ)です。

当店では毎月1冊の本を選び

・ゲストによる講義

・参加者同士の談義

の2つのプログラムをご用意しております。

講義と談義は、本の面白さを存分に味わって頂くための企画です。

1冊の書籍から生まれる会話をお楽しみ下さい。

■今月のテーマ

コミュニティってなんだろう

■種書

ネットワーク、近隣、コミュニティ』(Barry Wellman/Barry Leighton著 1979

■語り手

森玲奈先生(帝京大学高等教育開発センター 講師

■企画趣旨

「コミュニティの潜在力」が注目を集めるにつれて医療・保険・教育・経済・犯罪など様々な切り口からコミュニティが語られるようになりました。しかしその言葉の説明に私たちはたびたび苦戦しているのではないでしょうか。

なぜならコミュニティの捉え方は、時代や場所、立場によって変化するからです。それでは高齢化や情報化の進行する現代日本においてコミュニティはどのように捉え直すことができるでしょうか。学習環境デザインがご専門の森先生をお招きし、皆様と一緒に、様々な視座から談議していきたいと考えています。

■営業日

6月24日(金)
18:15〜19:45 営業

■お客様

15名

■料金

無料

■場所

帝京大学八王子キャンパス ソラティオスクエア3F アカデミックラウンジ
22階建の新校舎が目印です

■アクセス

京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」からバス(桜87)で13分
京王線「高幡不動駅」からバス(高23)で10分
京王相模原線「京王多摩センター駅」からバス(多4)で14分
小田急多摩線「小田急多摩センター駅」からバス(多4)で14分
京王バス「帝京大学構内」停留所すぐ

■申し込み方法

件名に「第8回ブックカフェテラチ 参加申し込み」と記入し「お名前、ご住所、ご所属」を

bookcafe.terachi◎gmail.com

にお送りください。
(◎を@に変えてお送りください)


【店長】

山田 淳史(慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程1年

 

【協力】

本ワークショップは、<ラーニングフルエイジング>プロジェクト(代表:森 玲奈 帝京大学 高等教育開発センター講師)の一環として開催します。

フライヤ(PDF)をダウンロード

news-image

【参加者募集】5月23日(月)第7回ブックカフェテラチ「戦後と向き合う」

151115.テラチ_FBヘッダー“テラチ”は月に1度だけ開店する見世(みせ)です。

当店では毎月1冊の本を選び

・ゲストによる講義

・参加者同士の談義

の2つのプログラムをご用意しております。

講義と談義は、本の面白さを存分に味わって頂くための企画です。

1冊の書籍から生まれる会話をお楽しみ下さい。

■今月のテーマ

戦後と向き合う

■種書

海外戦没者の戦後史 遺骨帰還と慰霊』(浜井和史著 吉川弘文館 2014

■語り手

浜井和史先生(帝京大学総合教育センター 講師

■企画趣旨

戦後70年、戦争は遠い昔の出来事となり、中には忘れ去られてしまったことが多くあります。

たとえば「空の遺骨箱」は戦没者の遺骨を戦地にて回収できなかった際に、軍部から遺族に届けられたものです。遺骨の代わりに霊璽、遺髪や遺爪、戦場の砂や土などが収められた空の遺骨箱が届けられ戸惑いを隠せない遺族に、政府はどう向き合い遺骨収集や現地慰霊を行ってきたのでしょうか。

今回は戦後史を研究されている浜井和史先生をお招きし、戦後処理の実態をお話頂きます。

■営業日

5月23日(月)
18:15〜19:45 営業

■お客様

15名

■料金

無料

■場所

帝京大学八王子キャンパス ソラティオスクエア3F アカデミックラウンジ
22階建の新校舎が目印です

■アクセス

京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」からバス(桜87)で13分
京王線「高幡不動駅」からバス(高23)で10分
京王相模原線「京王多摩センター駅」からバス(多4)で14分
小田急多摩線「小田急多摩センター駅」からバス(多4)で14分
京王バス「帝京大学構内」停留所すぐ

■申し込み方法

件名に「第7回ブックカフェテラチ 参加申し込み」と記入し「お名前、ご住所、ご所属」を

bookcafe.terachi◎gmail.com

にお送りください。
(◎を@に変えてお送りください)


【店長】

山田 淳史(慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程1年

 

【協力】

本ワークショップは、JST-RISTEX 「持続可能な多世代共創社会のデザイン」研究開発領域平成27年度採択プロジェクト企画調査「多世代で共に創る学習プログラム開発の検討」(研究代表者:森 玲奈 帝京大学 高等教育開発センター 講師)の一環として開催します。

フライヤ(PDF)をダウンロード

news-image

【参加者募集】第3回百草すこやかカフェ「ふれあい共想法体験ワークショップ」

CIMG5351共想法写真を撮って会話を楽しみながら、認知機能を多面的に活用する方法「共想法」を体験するワークショップです。

共想法は、高齢者が、認知機能を使わないことによって引き起こされる機能低下を防ぎ、認知症にならないために、どんなことを話そうか意識して計画して考える、最近の体験を意識して話題にする、会話をするときも注意を切り替えながら話す、話しながら聞くといった会話を手法化したものです。

参加者は、テーマに沿った写真を撮影し、持ち時間以内に、撮影した写真を使って互いの体験について語り合います。世代の異なる人同士が世代を超えてコミュニケーションする手法としても活用されています。


ふれあい共想法体験ワークショップ

■日時:3月2日(水)16:00-18:00

■場所:百草ふれあいサロン

東京都日野市百草999番地 百草団地ショッピングセンター内

■アクセス:京王バス「百草センター」停留所すぐ

(京王線「高幡不動駅」からバス高22「聖蹟桜ヶ丘駅行」or 高23「帝京大学構内行」で約7分)南口方面にある1番乗り場から乗車

■ファシリテーター:大武美保子(おおたけ・みほこ)

千葉大学大学院工学研究科人工システム科学専攻 准教授

1998年東京大学工学部卒業、2003年東京大学大学院工学系研究科修了、博士(工学)。東京大学特任助手、講師、助教授、准教授を 経て、2012年より現職。認知症の祖母との会話をきっかけに、双方向会話による認知症予防研究に取り組む。2008年、市民と産官学が連携する研究拠点 としてNPO法人ほのぼの研究所を設立、代表理事・所長を務める。主著は、『介護に役立つ共想法』(中央法規出版、2012)。

参加費:無料

■対象:興味のある方どなたでも!

■応募締め切り:2月17日(水)まで

お申込み方法:

1. 件名に「ふれあい共想法体験ワークショップ」参加希望と明記

2. 本文中に「氏名(ふりがな)・年齢・連絡先・所属」を記入

3. テーマ「断捨離(これを機に捨てたもの)」に合わせた写真を1枚撮影して頂き、その写真データを添付

learningful.ageing◎gmail.com

までご連絡ください。(◎を@に変えてお送りください)

※ 今回のイベントは事前申し込みと事前課題への取り組み(写真データ撮影)、会話データ分析研究への同意が必須となりますので、ご了承ください。

第3回百草すこやかカフェのフライヤ


本ワークショップは、JST-RISTEX「持続可能な多世代共創社会のデザイン」研究開発領域平成27年度採択プロジェクト企画調査「多世代で共に創る学習プログラム開発の検討」(研究代表者:森 玲奈 帝京大学 高等教育開発センター講師)の一環として開催します。

news-image

【参加者募集】2月24日(水)「セルフポートレートワークショップ」

12633269_1158705207482609_1569988668_o写真家の栗原論さんをゲストにむかえて、自分のタイミングでシャッターをきるセルフポートレートとプロが撮影するポートレートの撮影会を行います。

自分を客観的に見ると新しい発見があるもの。1人やグループで撮ったりしながら、色々な視点から撮影した写真を見比べて、みんなでセルフポートレートを楽しみましょう。


セルフポートレートワークショップ

12674467_1158711380815325_1075596939_n

■日時:2016年2月24日(水)14時~16時

■場所:帝京大学八王子キャンパス ソラティオスクエア3階アカデミックラウンジ

*22階建ての建物が、目印となります。

キャンパスマップ http://www.teikyo-u.ac.jp/hachioji/ssc/map/

■ゲスト:栗原論(くりはら・おさむ)

1981年京都市生まれ。東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。2010年 写真家四人で4×5 (SHI NO GO)を立ち上げる。エディトリアル、広告、CDジャケットなど多岐にわたって活動中。スナップショットの集積が生み出す運動性に興味を持ち続け、制作を続ける。

■ファシリテーター:大西景子(おおにし・けいこ)

英国ノッティンガムトレント大学より武蔵野美術大学芸術文学科に編入。卒業後、国立西洋美術館にて対話式鑑賞法の研究、鑑賞補助ツール”びじゅつーる”開発に携わる。株式会社CSKホールディングスに入社。こどもを対象としたワークショップ、キットの開発を行う。独立後、2008年SODA design researchを設立。イベント企画、ワークショップデザイン、ラーニングキット開発に関わりながら箱のお店のBOX&NEEDLEをオープンさせる。

■参加費:無料

■お申込み方法:お名前・ご連絡先・所属と「セルフポートレートワークショップ」参加希望と明記して頂き、

learningful.ageing◎gmail.com

までご連絡ください。

(◎を@に変えてお送りください)

■アクセス:

京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」からバス(桜87)で13分

京王線「高幡不動駅」からバス(高23)で10分

京王相模原「京王多摩センター駅」/小田急多摩線「小田急多摩センター駅」からバス(多4)で14分

https://www.teikyo-u.ac.jp/access/hachioji.html


本ワークショップは、JST-RISTEX「持続可能な多世代共創社会のデザイン」研究開発領域 平成27年度採択プロジェクト企画調査「多世代で共に創る学習プログラム開発の検討」(研究代表者:森 玲奈 帝京大学高等教育開発センター 講師)の一環として開催します。